いざ白紙の状態からコードを書こうとすると、まったく書けません

2021年11月3日
ユーザー

動画を見ながら実際にコードを書いていくことは出来るのですが、
ひととおり見終わって
「よし、次は動画を見ないで真っ白な状態から同じものが作れるか試してみよう」
と思うと驚くほど何も出来ません。
勉強不足だと思いもう一度動画を見て実践を繰り返しても、
「動画を見ながらは出来るけど、一人では何も出来ない」状態が続き、
さすがに3回目くらいから飽きてきて「根本的に頭が悪いから自分には無理なんだ」とモチベーションが下がってしまいました。
この状態から脱却するには、やはり10回でも20回でも同じレッスンを繰り返すしかないのでしょうか。

先生

こんにちは。ご質問ありがとうございました。

この状態から脱却するには、やはり10回でも20回でも同じレッスンを繰り返すしかないのでしょうか。

最初のころはある程度、繰り返しの学習が必要なのかな、と思います。このあたりは人によりけりですが、個人的にも10回以上同じことを調べ直す、といったことはよくやりましたね...。

またよくわからない概念は気にせずに先に進み、「動いた!」だけを楽しむのも有効かと思います。個人的にもクラスやオブジェクトといった概念は最初の数年はぼんやりとしか理解していなかった、という思い出もあります。

それからプログラミングは先に進むことが復習になることもよくあります。外国語と同じで、最初はよくわからなかった単語も何回か違う文脈で触れているうちに「あぁ、こういう感じに使うのね」ということがわかったりもします。

学習の目的にもよりますが、最初は細かいことを気にせずに、ちょっとしたパズル感覚で取り組んでいただくのがいいかな、と思います。

以上、参考にしてみてください。他にも不安に思われる点がございましたらコメントいただければと思います。

この質問はユーザーによって解決済みになりました