× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

さくらのVPS入門 (全21回)

このレッスンはさくらインターネット株式会社の技術協力を得て、さくらのVPS について解説しています。
Powered By SAKURA Internet

さくらインターネット株式会社が提供する「さくらのVPS」の設定方法について解説していきます。

このレッスンでは CentOS 6.3 を使用しています。

  • #01 さくらのVPSとは何か? (02:53)
    • さくらのVPSの概要
    • 公式サイト
    • 必要な事前知識
    • 必要なツール
  • #02 設定の流れを確認していこう (02:32)
    • 設定の流れの確認
  • #03 さくらのVPSを起動しよう (02:37)
    • VPSの申し込み
    • メールの確認
    • コントロールパネルにログイン
    • VPSの起動
  • #04 さくらのVPSへ接続してみよう (02:11)
    • ssh root@IP.ADD.RE.SS
    • yum update
    • vim /etc/sysconfig/i18n
  • #05 作業用ユーザーを設定しよう (02:24)
    • useradd dotinstall
    • passwd dotinstall
    • usermod -G wheel dotinstall
    • visudo
    • ssh dotinstall@IP.ADD.RE.SS
  • #06 鍵認証を設定しよう (1) (02:23)
    • ssh dotinstall@IP.ADD.RE.SS
    • mkdir .ssh
    • chmod 700 .ssh
  • #07 鍵認証を設定しよう (2) (02:46)
    • [手元のPCにて]
    • ssh-keygen -t rsa -v
    • ls -la .ssh
    • chmod 600 .ssh/id_rsa.pub
    • scp ~/.ssh/id_rsa.pub dotinstall@IP.ADD.RE.SS:~/.ssh/authorized_keys
    • ssh -i ~/.ssh/id_rsa dotinstall@IP.ADD.RE.SS
    • ssh dotinstall@IP.ADD.RE.SS
  • #08 SSHの設定をしよう (1) (02:42)
    • sudo -s
    • cp /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config.org
    • vim /etc/ssh/sshd_config
  • #09 SSHの設定をしよう (2) (02:35)
    • --- (編集開始) ---
    • Port YOUR_PORT_NUMBER
    • PasswordAuthentication no
    • PermitRootLogin no
    • --- (編集終了) ---
    • service sshd restart
    • ssh -p YOUR_PORT_NUMBER dotinstall@IP.ADD.RE.SS
  • #10 ファイアーウォールの設定をしよう (01:51)
    • vim /etc/sysconfig/iptables
    • service iptables restart
    • iptables -L
  • #11 Webサーバーの設定をしよう (02:26)
    • yum install httpd
    • chkconfig httpd on
    • cp /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.org
    • vim /etc/httpd/conf/httpd.conf
    • --- (編集開始) ---
    • ServerTokens Prod
    • ServerSignature Off
    • Options -Indexes FollowSymLinks
    • --- (編集終了) ---
    • service httpd configtest
    • service httpd start
  • #12 Webページを設定してみよう (02:57)
    • chown -R dotinstall:dotinstall /var/www/html
    • ファイル転送ツール(Cyberduck)の設定
    • ファイルの設置
    • ブラウザでの確認
  • #13 VirtualHostの設定をしよう (1) (02:58)
    • mkdir -p /var/www/dev.example.com/public_html
    • chown -R dotinstall:dotinstall /var/www/dev.example.com
    • vim /etc/httpd/conf.d/dev.example.com.conf
    • vim /etc/httpd/conf/httpd.conf
    • --- (編集開始) ---
    • NameVirtualHost *:80
    • --- (編集終了) ---
  • #14 VirtualHostの設定をしよう (2) (02:19)
    • service httpd configtest
    • service httpd restart
    • vim /var/www/dev.example.com/public_html/index.html
    • hostsの編集
    • ブラウザで確認
  • #15 PHPの設定をしよう (02:27)
    • yum install php php-devel php-mysql php-mbstring php-gd
    • php -v
    • cp /etc/php.ini /etc/php.ini.org
    • vim /etc/php.ini
    • --- (編集開始) ---
    • error_log = /var/log/php.log
    • mbstring.language = Japanese
    • mbstring.internal_encoding = UTF-8
    • mbstring.http_input = auto
    • mbstring.detect_order = auto
    • expose_php = Off
    • date.timezone = Asia/Tokyo
    • --- (編集終了) ---
    • service httpd restart
  • #16 MySQLの設定をしよう (02:13)
    • yum install mysql-server
    • cp /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org
    • vim /etc/my.cnf
    • service mysqld start
    • mysql_secure_installation
    • chkconfig mysqld on
    • mysql -u root -p
  • #17 Ruby on Railsの設定をしよう (1) (02:59)
    • sudo yum install zlib-devel openssl-devel sqlite-devel
    • curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable
    • source /home/dotinstall/.rvm/scripts/rvm
    • rvm install 1.9.3
    • ruby -v
    • gem -v
    • gem install --no-ri --no-rdoc sqlite3
  • #18 Ruby on Railsの設定をしよう (2) (02:25)
    • cd /tmp
    • wget http://nodejs.tchol.org/repocfg/el/nodejs-stable-release.noarch.rpm
    • sudo yum localinstall --nogpgcheck nodejs-stable-release.noarch.rpm
    • sudo yum install nodejs-compat-symlinks npm
    • rm nodejs-stable-release.noarch.rpm
    • cd
    • gem install rails
    • rails -v
  • #19 Ruby on Railsの設定をしよう (3) (01:48)
    • sudo vim /etc/sysconfig/iptables
    • --- (編集開始) ---
    • -A SERVICES -p tcp --dport 3000 -j ACCEPT
    • --- (編集終了) ---
    • sudo service iptables restart
    • rails new myapp
    • cd myapp
    • rails server
    • ブラウザで確認
  • #20 ソースからPythonを入れてみよう (02:53)
    • cd /var/tmp
    • wget http://www.python.org/ftp/python/2.7.3/Python-2.7.3.tgz
    • tar xvzf Python-2.7.3.tgz
    • cd Python-2.7.3
    • ./configure
    • make
    • sudo make install
    • python --version
  • #21 MongoDBを導入しよう (02:44)
    • sudo -s
    • vim /etc/yum.repos.d/10gen.repo
    • yum update
    • yum install mongo-10gen mongo-10gen-server
    • service mongod start
    • chkconfig mongod on
    • mongo --version
    • mongo
    • exit
#04 さくらのVPSへ接続してみよう
114日前
yum update で更新があった際、場合によってはサービスやサーバーを再起動しなければ更新が反映されないことがありますが、最初ですのでサーバーを再起動しておくのがオススメです。

root ユーザーのまま、
shutdown -r now
のコマンドでサーバーを再起動できます。
#06 鍵認証を設定しよう (1)
1374日前
Windowsを使っている場合は、「PuTTY ごった煮版」や「WinSCP」に付属するPuTTYgen (puttygen.exe) というアプリケーションでSSHの鍵を生成することができます。

詳しい方法は「putty 鍵」などで検索して調べてみましょう。
#17 Ruby on Railsの設定をしよう (1)
1323日前
お使いのさくらのVPSの環境によっては、gem -v を実行した時に以下のような警告が表示される場合があります。

/home/[USERNAME]/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p194/lib/ruby/1.9.1/yaml.rb:56:in `<top (required)>':
It seems your ruby installation is missing psych (for YAML output).
To eliminate this warning, please install libyaml and reinstall your ruby.
1.8.24

この警告が表示された場合の解決方法はいくつかありますが、

sudo yum install libyaml-devel

のコマンドで libyaml をインストールすると解決できます。

ただし libyaml-devel は通常の yum リポジトリには含まれておらず、EPELというリポジトリを追加する必要があります。

EPELの追加については、以下のサイトなどを参考にしてみてください。(さくらのVPSは64bit環境です。)
http://www.tooyama.org/yum-addrepo-epel.html


▼ [補足] CentOSのバージョンを確認するには?

cat /etc/redhat-release
#18 Ruby on Railsの設定をしよう (2)
1215日前
node.jsですが、最新版はダウンロード先が変更されたようです。
Ruby on Railsを動かすには必ずしもnode.jsは必要ではないので、
cd /tmp
wget http://nodejs.tchol.org/repocfg/el/nodejs-stable-release.noarch.rpm
sudo yum localinstall --nogpgcheck nodejs-stable-release.noarch.rpm
sudo yum install nodejs-compat-symlinks npm
rm nodejs-stable-release.noarch.rpm
は省略し、
cd
gem install rails
rails -v
に進んでください。
なお、node.jsがないとRailsでウェブサーバーを立ち上げる際にエラーが出ますが、次の動画を参考にエラーを回避するようにしてください。
http://dotinstall.com/lessons/basic_rails/6506
※ node.jsのかわりにtherubyracerを使います。