× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります
最新版のレッスンはこちらから » 【最新版】PHP入門 (全30回)

#23 書式を指定して文字列を表示する

さて、文字列に関する便利な関数のうち、とても良く使う printf について見ていきましょう。
これはフォーマット化された文字列を返すという意味なのですが、ちょっと例を出した方が分かりやすいかと思います。

フォーマット化された文字列を出力するprintfについて、その使い方を学びます。

  • printf
  • sprintf
  • %s: 文字列に置換
  • %d: 整数値に置換
  • %f: 実数値に置換

このレッスンでは php 5.3.13 を使用しています。

2012年9月6日
sprintfと似た命令にvprintfというものがあります。この命令では、第2引数以降を変数の羅列ではなくて、配列で渡すことができます。差し込むデータが配列だった場合はこちらを使うことも検討してみましょう。
http://jp2.php.net/manual/ja/function.vsprintf.php

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

先生に質問してみよう (試験運用中)