× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります
最新版のレッスンはこちらから » 【最新版】PHP入門 (全30回)

#07 文字列についてみていこう

さて、文字列の表現の仕方について見ていきます。
データ型の表現のうちの一つになります。

文字列を表現する方法、特殊文字の使い方について学びます。

  • 文字列の表現方法
  • 変数の展開
  • 特殊文字について

このレッスンでは php 5.3.13 を使用しています。

2012年6月19日
文字列の表現としてもう一つ、ヒアドキュメントというものがあります。これは改行を含む長文を変数に代入したい場合によく使われます。
文法としては以下のように<<<を使います。
$str = <<<EOM
これから
・・・
・・・
ここまでが代入されます。
EOM;
ここで使った「EOM(End of Message)」はラベルと呼ばれ、何を使ってもいいですが、最終行では行の先頭からラベルを記述し、そのあとは;のみを記述してください(最初に空白などを入れてはいけません)。
また代入する文字列の中で変数を展開することも可能です。より具体的には以下のマニュアルを参考にしてみてください。
http://www.php.net/manual/ja/language.types.string.php#language.types.string.syntax.heredoc

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

先生に質問してみよう (試験運用中)