× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります
最新版のレッスンはこちらから » 【最新版】PHP入門 (全30回)

#22 日本語を扱ってみよう

さて、前回は文字列に関する関数を見てきましたが、実は日本語を扱うとちょっとおかしな事になったりします。
日本語に対応させる方法をちょっと見ていきましょう。

文字列関数で日本語を扱う方法について学びます。

  • mb_strlen
  • mb_strpos
  • mb_substr

このレッスンでは php 5.3.13 を使用しています。

2012年9月25日
もうひとつ良く使うのがmb_strimwidthです。これは長い文字列を特定の文字数で丸めることができるという便利な関数です。
例えば「PHPでよく使う日本語関数、100のまとめ」といった長すぎるタイトルを「PHPでよく使う...」といった具合に指定した文字数で丸めることができます。また最後の「...」も任意の文字列を指定することが可能です。より詳しくはマニュアルを参照してみてください。
http://php.net/mb_strimwidth
2012年8月23日
自分でPHPをインストールした場合、きちんと php.ini で mbstring に関する設定をしておかないと mb_* 系の関数が正常に動作しない場合があります。

mbstring の設定については「さくらのVPSの基礎」の「#15 PHPの設定をしよう」で解説していますので参考にしてみてください。
http://dotinstall.com/lessons/basic_sakura_vps/8015

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

先生に質問してみよう (試験運用中)