× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります
最新版のレッスンはこちらから » Mac OS X 向け / Windows 向け

#08 PHPを導入してみよう

epel と remi がインストールできたので、ここら辺で「yum info --enablerepo=remi php」とすれば remi を使うことができます。
remi を使えば、バーションが 5.4 になっているのが分かるかと思いますので、これを使ってインストールしていきます。

remiリポジトリを使ってPHPを導入、設定を進めていきます。

  • yum info --enablerepo=remi php
  • sudo yum --enablerepo=remi install -y php php-devel php-mysql php-mbstring php-gd
  • sudo vi /etc/php.ini
  • sudo service httpd restart
  • php -v

このレッスンでは Vagrant 1.2.7 / VirtualBox 4.2.16 / Hoster 1.2 / FileZilla 3.7.3 を使用しています。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

先生に質問してみよう (試験運用中)