× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります
最新版のレッスンはこちらから » Mac OS X 向け / Windows 向け

#07 epel、remiリポジトリを導入しよう

続きをやっていきましょう。
次は PHP と MySQL をインストールしていきたいと思います。

PHP、MySQLの新しいバージョンを追加するためにepel、remiのリポジトリを導入していきます。

  • yum info php
  • yum info mysql-server
  • wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
  • wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
  • sudo rpm -Uvh epel-release-6-8.noarch.rpm
  • sudo rpm -Uvh remi-release-6.rpm
  • sudo vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

このレッスンでは Vagrant 1.2.7 / VirtualBox 4.2.16 / Hoster 1.2 / FileZilla 3.7.3 を使用しています。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む
先生に質問してみよう (試験運用中)