× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

#05 テーブルを操作してみよう

さて前回はデータベースの操作を見てきたので、今回からはテーブルの操作を見ていきたいと思います。
まずは、テーブルを作るところからやっていきたいと思います。

基本的なテーブルを作成し、それらを操作していく方法について学びます。

  • テーブルの作成
  • テーブルの一覧を表示
  • テーブルの削除

このレッスンでは MySQL 5.5.25 を使用しています。

2012年10月4日
MySQLにはテーブルやカラムの名前に使えない予約語があります。

予約語を使ってしまった場合にはエラーとなりますが、SQL syntax (文法) にエラーがあるとしかエラーメッセージが表示されないため、原因に気づきにくいかもしれません。

予約語の一覧はリファレンスを参照してください。

MySQL :: MySQL 5.1 リファレンスマニュアル :: 8.3 MySQLでの予約語の扱い
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/reserved-words.html
2012年9月13日
あるテーブルと同じ構造のテーブルを、テーブル名だけ変えて作成したい場合には like を使います。

create table new_users like users;
2013年9月9日
tableを削除するときに「それがすでに存在していたときだけ削除する」としたい場合は次のコマンドが使えます。
drop table if exists テーブル名;
またこの一文は、スクリプトなどでtableを新規作成する前に入れられることも多いです(tableを新規作成するときに、すでにそのtableが存在している場合エラーとなるので「存在しているなら先に削除しておいてね」という意味で使われます)。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

先生に質問してみよう (試験運用中)