× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

ローカル開発環境の構築 [Windows編] (全14回)

macOS をご利用の方は【ローカル開発環境の構築 [macOS編]】をご利用ください

Windows上にローカル開発環境を構築していく方法について見ていきます。

このレッスンでは Windows 10 / Vagrant 1.8.6 / PuTTY 0.67 / VirtualBox 5.1.8 / Cyberduck 5.2.0 を使用しています。

#05 仮想マシンを立ち上げよう
2017年3月26日

動画中で利用したコマンドは以下のとおりです。

# vagrantの便利なプラグインを導入
vagrant plugin install vagrant-vbguest

# 今後複数の仮想マシンを作ることを想定して、それらをまとめるフォルダ(MyVagrant)を作る
mkdir MyVagrant

# MyVagrantに移動する
cd MyVagrant

# 仮想マシンを作るフォルダを作る(MyCentOS)
mkdir MyCentOS

# MyCentOSに移動する
cd MyCentOS

# 仮想マシン設定用のVagrantfileを作る
vagrant init bento/centos-6.8

# Vagrantfileを編集して仮想マシンのIPアドレスを192.168.33.10にする
(動画をご覧ください)

# 仮想マシンを起動する(少し時間かかります)
vagrant up

# 仮想マシンの状態を確認する
vagrant status
2017年3月26日

PowerShell では、コマンドを入力するカーソルの左側に表示されている

PS C:¥Users¥taguchi>

といった文字列が、現在コマンドを実行しているディレクトリの位置を示しています。

上記の場合「Cドライブにある Users ディレクトリの中の taguchi ディレクトリにいる」という意味ですので覚えておきましょう。

動画中で cd コマンドを実行してディレクトリを移動するたびに、この文字列が変化しているのも分かるかと思います。

2017年2月18日

vagrant コマンドを実行して以下のようなエラーが表示された場合、日本語のユーザー名が原因の可能性があります。

Vagrant failed to initialize at a very early stage:

The plugins failed to load properly. The error message given is shown below.

cannot load such file -- vagrant-vbguest

そのような場合は PowerShell にて、

cd C:¥

として C ドライブ直下に移動し、そこに MyVagrant フォルダ以下を作成するようにしてみてください。

なお、それでも解決しない場合は、

vagrant plugin uninstall vagrant-vbguest

としてプラグインをアンインストールした上で、

vagrant init bento/centos-6.8

を実行してください。(vagrant-vbguest プラグインは必ずしも必須ではありません)

2017年3月22日

vagrant up を実行したら、動画のように default: Mounting shared folders... のログで終わっているかどうか確認しましょう。

もし以下のようなログが出力されていたら、正常に仮想マシンが起動していません。

Timed out while waiting for the machine to boot. This means that
Vagrant was unable to communicate with the guest machine within
the configured ("config.vm.boot_timeout" value) time period.

If you look above, you should be able to see the error(s) that
Vagrant had when attempting to connect to the machine. These errors
are usually good hints as to what may be wrong.

If you're using a custom box, make sure that networking is properly
working and you're able to connect to the machine. It is a common
problem that networking isn't setup properly in these boxes.
Verify that authentication configurations are also setup properly,
as well.

If the box appears to be booting properly, you may want to increase
the timeout ("config.vm.boot_timeout") value.

この場合、ご利用のパソコンにて仮想化支援機能が無効になっていることが原因の可能性があります。

以下のサイトなどを参考に BIOS の設定を確認してみてください。

https://teratail.com/questions/28619
http://qiita.com/amateurgrammer/items/21e4456b8318db877f5b

なお、上記サイト等にあるように BIOS の設定で仮想化支援機能を有効にしても、ウィルス対策ソフトによってはその設定を無効にしてしまう場合もあります。

Avast の場合
http://hatena.fut573.com/entry/20160218/1455792335

その場合は、ウィルス対策ソフトの設定で仮想化支援機能に関する項目を無効にしていただくか、ウィルス対策ソフト自体を一時的に終了させてから vagrant up を実施してみてください。

#08 仮想マシンの設定をしよう
2017年3月26日

動画中で利用したコマンドは以下のとおりです。

# OSを最新状態にアップデート(時間かかります)
sudo yum -y update

# スクリプトを入手するためのgitをインストール
sudo yum -y install git

# gitを使ってアプリケーション設定用のスクリプトをダウンロード
git clone https://github.com/dotinstallres/centos6.git

# centos6フォルダができるのでそちらに移動
cd centos6

# スクリプトを実行(時間かかります)
./run.sh

# もろもろの設定を反映
exec $SHELL -l
#09 Cyberduckをインストールしよう
2016年12月6日
このレッスンではテキストエディタにAtomを使う前提で進めています。まだインストールしていない人は https://atom.io/ からダウンロードしておくと良いでしょう。
2017年1月25日

動画の通りに atom フォルダを開いても、その中に bin フォルダが存在しない場合があるようです。

その場合は「app-」で始まるフォルダから resources → cli とたどると atom.cmd というファイルがありますので、そちらをCyberduckの環境設定にて指定してみてください。

その後、開きたいファイルを右クリック → エディタで編集 → デフォルト と選択すれば Atom で開くことができます。(ダブルクリックでは開かない場合がありますのでご注意ください。)

#11 PHPの学習をしてみよう
2017年1月15日

php -S 192.168.33.10:8000 の「-S」が小文字になっている可能性があります。

「-S」は大文字で入力するようにしてください。

Vagrantfile は何で開けば良いでしょうか? PREMIUM - #05 仮想マシンを立ち上げよう
Vagrantfile を開こうとすると「このファイルを開く方法を選んでください」と出てきてしまい、どれで開けばいいの...
PuTTYで接続しようとすると「Network error:Connection timed out」と表示されるのですが PREMIUM - #07 仮想マシンにログインしてみよう
レッスン通りに進めているのですが、PuTTY に IP アドレスでログインを試みても「Network error:Co...
Atom の隠しフォルダが見当たりません PREMIUM - #09 Cyberduckをインストールしよう
外部エディタの設定を行いたいですが Atom のフォルダが見つかりません。 動画と同じように PC の C ドラ...