× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります
macOS をご利用の方は【ローカル開発環境の構築 [macOS編]】をご利用ください

#05 仮想マシンを立ち上げよう

さて、では前回見たような処理をしてあげましょう。
ここからは慣れていないとコマンドの打ち間違いがあるかもしれないので、実行するコマンドをコメント付きでこちらに書いておきました。

フォルダや設定ファイルを作りながら仮想マシンを立ち上げていきます。

  • フォルダの作成
  • 仮想マシンの設定
  • 仮想マシンの立ち上げ

このレッスンでは Windows 10 / Vagrant 1.8.6 / PuTTY 0.67 / VirtualBox 5.1.8 / Cyberduck 5.2.0 を使用しています。

2016年10月26日
動画中で利用したコマンドは以下のとおりです。
# vagrantの便利なプラグインを導入
vagrant plugin install vagrant-vbguest
# 今後複数の仮想マシンを作ることを想定して、それらをまとめるフォルダ(MyVagrant)を作る
mkdir MyVagrant
# MyVagrantに移動する
cd MyVagrant
# 仮想マシンを作るフォルダを作る(MyCentOS)
mkdir MyCentOS
# MyCentOSに移動する
cd MyCentOS
# 仮想マシン設定用のVagrantfileを作る
vagrant init bento/centos-6.8
# Vagrantfileを編集して仮想マシンのIPアドレスを192.168.33.10にする
# 仮想マシンを起動する(少し時間かかります)
vagrant up
# 仮想マシンの状態を確認する
vagrant status
2017年1月15日

vagrant コマンドを実行して以下のようなエラーが表示された場合、日本語のユーザー名が原因の可能性があります。

Vagrant failed to initialize at a very early stage:

The plugins failed to load properly. The error message given is shown below.

cannot load such file -- vagrant-vbguest

そのような場合は PowerShell にて、

cd C:¥

として C ドライブ直下に移動し、そこに MyVagrant フォルダ以下を作成するようにしてみてください。

2016年12月20日

vagrant up を実行したら、動画のように「default: Mounting shared folders...」の処理で終わっているかどうか確認しましょう。

もし最後に以下のようなログが出力されていたら、正常に仮想マシンが起動していない場合があります。

If the box appears to be booting properly, you may want to increase
the timeout ("config.vm.boot_timeout") value.

別の補足情報を参考に、仮想化支援機構が問題になっていないかご確認ください。

2016年12月9日
vagrant up を実施しても正常に仮想マシンが起動しない場合がありますが、Windows の場合は仮想化支援機構が問題となっていることがあります。

https://teratail.com/questions/28619

もしくは

http://qiita.com/amateurgrammer/items/21e4456b8318db877f5b

にて対処法が説明されています。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

先生に質問してみよう (試験運用中)