× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります
Windowsをご利用の方は【ローカル開発環境の構築 [Windows編]】をご利用ください

#05 構築作業の流れを確認しよう

さて続きをやっていきたいのですが、Vagrant でサーバーを立ち上げるまでの流れを図で解説していきましょう。
まず今回、macOS 上に Vagrant で立ち上げていくのですが、サーバー 1 つにつき 1 つのフォルダが必要になってきます。

Vagrantを使った仮想マシンの構築作業について確認していきます。

  • 仮想マシン構築の流れ

このレッスンでは macOS Sierra / Vagrant 1.8.6 / VirtualBox 5.1.6 / Cyberduck 5.1.3 / Transmit 4.4.10 を使用しています。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む
先生に質問してみよう (試験運用中)