単一の値も真偽値を評価できるとは?

2020年12月6日
ユーザー

動画の1.48秒目から、「比較演算子を含まない単一の値も同じように
真偽値を評価できる」と言っていますが、これは一体どのような場面で使うもの
なのでしょうか?
例えば動画の最初の方は「priceが1000より大きい」や「priceが1000より小さい」
など、比較をしていますが、「比較演算子を含まない単一の値も同じように
真偽値を評価できる」は例えばどのような場面で必要なのでしょうか?
また、「>は何々より大きい」「>=は何々以上」となりますが、これは二つとも
同じ意味に聞こえてしまうのですが、具体的な違いは何でしょうか?

よろしくお願いいたします。

この回答を見るにはプレミアムサービスへの登録が必要です

プレミアムサービスとは?