setInterval()とsetTimeout()を使い分ける上での判断基準について

2020年4月8日
ユーザー

お世話になっております。

本動画内でsetInterval()とsetTimeout()の処理概念を図解で示していただけたことにより、
上記メソッドの処理時間ごとの処理の流れを理解することができました。

今後、これらを使用し、繰り返し処理をするとした場合なのですが、
使い分ける為の大枠のイメージを下記のように認識しております。

setInterval()
=> 定義した繰り返し時間で収まる処理内容であれば、
setInterval()を積極的に使用した方が、繰り返し処理は早い

setTimeout()
=> 呼び出しする処理を丁寧に完了させることを優先する場合、
setTimeout()を積極的に使用する

上記のような使い分けになるのかな、という印象ですが、
そういった認識で間違いないでしょうか
(より理解を深めるため、実際の現場ではどのような箇所で使用されているか伺えると助かります)。

また、どの程度の処理であれば何秒かかるといった判断基準や、
計測する為のメソッド等あれば、教えていただけると嬉しく思います。

この回答を見るにはプレミアムサービスへの登録が必要です

プレミアムサービスとは?