× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

#11 環境変数を使ってみよう

さて、続きをやっていきましょう。
次は環境変数について見ていきます。

環境ごとに値が変わる変数を管理していく方法についてみていきます。

  • heroku config

このレッスンでは heroku-toolbelt 3.9.6 / ruby 2.1.2 / rails 4.1.4 / gem 2.4.1 / git 1.7.1 / postgresql 8.4.20 を使用しています。

2014年8月5日
heroku configで表示される情報にはセキュリティ上、他の人に教えるべきではないものが含まれるので気をつけましょう。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

先生に質問してみよう (試験運用中)