× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

#05 validateを使ってみよう

さて、次は Model の validation を見ていきたいと思います。
何らかの validation ルールを作って、エラーがでたら Model を更新させないようにしたいと思います。

Modelの属性にvalidationを設定する方法について見ていきます。

  • validate

このレッスンでは Backbone.js 0.9.10 を使用しています。

2013年3月12日
{validate: true} は最近追加されたオプションになります。以前のバージョンを対象としたチュートリアルやサイトではこのオプションが抜けていたりすることも多いので気をつけましょう。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのデモを見られるようになります。

詳しい説明を読む
先生に質問してみよう (試験運用中)