クラスの付け外し処理に if 文を使う場合と使わない場合の違いはなんですか?

2021年7月20日
ユーザー

前レッスンでの『JavaScriptでアコーディオンUIを作ろう』での付け外し処理はif文を組み合わせていましたが今回は使用せず少しだけ記述が少ないですが、特に手間というのは感じられなかったので、
if文を使った処理と使わない処理の違いはなんでしょうか?

  menuItems.forEach(clickItem => {  
    clickItem.addEventListener('click', e => { 
      e.preventDefault();  

      clickItem.classList.add('active');

      menuItems.forEach(items => {  
        if(items != clickItem) {
          items.classList.remove('active');  
        }
      });
      contentsMenu.forEach(content => {  
        content.classList.remove('active'); 
      });
      document.getElementById(clickItem.dataset.id).classList.add('active');
    });
  });

コードはこちらで実行しました。
レッスン最後のコードも記述してあります。
よろしくお願いします。

この回答を見るにはプレミアムサービスへの登録が必要です

プレミアムサービスとは?