× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

#07 擬似要素を使ってみよう

さて、次は擬似要素について見ていきましょう。
擬似クラスとよく混乱するのですが、擬似クラスはある要素の状態を指定するとき、擬似要素はある要素の一部を指定するときに使えます。

要素の一部を指定するための擬似要素について見ていきます。

  • :first-line
  • :first-letter
  • :before
  • :after

このレッスンでは CSS 2.1 を使用しています。

2016年10月6日
レッスンでは「ある要素の直前や直後」と説明されていますが、正確には、

・:before ・・・ ある要素の子要素の先頭に要素を追加
・:after ・・・ ある要素の子要素の末尾に要素を追加

となります。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/::before
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/::after

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

HTML入門、CSS入門、JavaScript入門の素材ファイルはサンプルとして公開中です。

HTML入門、CSS入門、JavaScript入門のソースコードはサンプルとして公開中です。

このレッスンの問題を報告する

HTML入門、CSS入門、JavaScript入門のデモはサンプルとして公開中です。

先生に質問してみよう (試験運用中)