× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

【旧版】PHPで作るビンゴシート (全6回)

最新版のレッスンはこちらから » 【最新版】PHPでビンゴシートを作ろう (全7回)

PHPを使ってビンゴシートを作ってみます。再読み込みするとランダムに数値が切り替わります。

このレッスンでは PHP 5.3 を使用しています。

#01 画面を作ってみよう
2012年1月18日
このレッスンにはPHPの基礎知識が必要です。こちらからどうぞ。
http://dotinstall.com/lessons/basic_php
#02 ビンゴシートのルールを確認する
2012年1月11日
ビンゴシートのルールについてはWikipediaを参考にさせていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B4
#03 Bの列に入る数値を計算する
2012年1月13日
shuffle 関数は引数に与えられる配列そのものの順序を変更します。
元の並び順の配列を保存しておきたい場合には、shuffleの前に別の変数に格納しておくようにしましょう。

// $xの順序は変わるが、$yの順序は最初の$xのまま。
$x = array(0, 1, 2, 3);
$y = $x;
shuffle($x);
2012年1月11日
今回使った命令の公式ドキュメントは以下からどうぞ。
・range
http://php.net/manual/ja/function.range.php
・shuffle
http://php.net/manual/ja/function.shuffle.php
・array_slice
http://jp2.php.net/manual/ja/function.array-slice.php