× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

【旧版】YAML入門 (全9回)

最新版のレッスンはこちらから » 【最新版】YAML入門 (全11回)

構造的なデータを表現する記法であるYAMLについて学んでいきます。

このレッスンでは YAML / Ruby 2.1.1 を使用しています。

#03 シーケンスを扱ってみよう
2014年8月31日
なお、YAMLではインデントがずれていたり、インデントの文字数が統一されていないと意図しない結果になったりエラーになったりするので注意しましょう。