× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

Underscore.js入門 (全10回)

アプリケーションフレームワークなどでよく使われる便利な命令が詰まったJavaScriptのライブラリです。

このレッスンでは Underscore.js 1.4.4 を使用しています。

#10 テンプレート機能を使ってみよう
2015年1月20日
Underscore.js 1.7.0ではtemplateの引数の取り方が変更されたため、動画内のコードでは動作いたしません。以下のように修正すれば動作しますので参考にしてください(ユーザー様にご指摘いただきました。ありがとうございます!)。

【誤】
var tpl = "<% console.log('hello from tpl'); %><li><%- name %> (<%- score %>)</li>";
x = _.template(tpl, user);
【正】
var tpl = "<% console.log('hello from tpl'); %><li><%- name %> (<%- score %>)</li>";
var msg = _.template(tpl);
x = msg(user);