× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

sed入門 (全10回)

シンプルな命令でテキスト処理を行うことができるコマンドラインツール、sedについて学びます。

このレッスンでは GNU sed 4.1.5 を使用しています。

#01 sedとはなにか?
2013年3月11日
sedに演算機能を加えてさらに高機能なプログラミングを可能にしたのがAWKとなります。AWKのレッスンは以下からどうぞ。
http://dotinstall.com/lessons/basic_awk
2013年3月11日
sedは「Stream EDitor」(入力ストリームに対して処理を行うエディター)の略です。
#02 はじめてのsed
2013年3月11日
Unixのパイプ(|)を使えば他のコマンドの出力をsedの入力にすることができます。典型的な例は以下のようなものです。
# ディレクトリ情報の最初の3行を削除して出力
ls -la | sed '1,3d'
またリダイレクト(>)を使って結果を他のファイルに出力することもよく行われます。
# 結果をoutput.txtに出力
ls -la | sed '1,3d' > output.txt
#05 p/a/iコマンドを使ってみよう
2013年3月11日
=というコマンドを使えば行番号を出力させることも可能です。
# "dotinstall"が出てくる行の行番号を出力
sed -n '/dotinstall/=' names.txt