× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

【旧版】Ruby on Rails 3入門 (全46回)

代表的なWebアプリケーションフレームワークであるRuby on Railsについて、その概念と使い方を説明していきます。

全46回レッスンの詳細と、完了状況は以下のとおりです。

タイトル 内容
#01 Ruby on Railsとは何か?
  • Ruby on Railsの概要
  • 公式サイトについて
  • 必要となる知識
#02 必要となるツールを揃えよう
  • Ruby
  • RubyGem
  • Rails
  • SQLite
  • バージョンについて
#03 MVCとは何か?
  • Model
  • View
  • Controller
#04 はじめてのRailsプロジェクト
  • 全体の流れを確認
  • rails new myapp
#05 ファイル構成をみていこう
  • ファイル構成の確認
  • Gemfileについて
#06 Webサーバーを立ち上げよう
  • rails server
  • JavaScript Runtimeの導入
  • ブラウザでの確認
#07 scaffoldを使ってみよう (1)
  • Webサーバーの停止
  • rails generate scaffold User name:string email:string intro:text
#08 scaffoldを使ってみよう (2)
  • rake db:migrate
  • rails server
  • アプリの動作確認
#09 ブログシステムを作ろう
  • ブログシステムの説明
  • ブログシステムのデモ
  • 全体の流れの確認
#10 新しいプロジェクトを作ろう
  • rails new blog --skip-bundle
  • vim Gemfile
  • rake db:create
  • rails server
#11 Postモデルを作ろう
  • rails g model Post title:string content:text
  • rake db:migrate
#12 Postsコントローラーを作ろう
  • rails g controller Posts
  • ファイル構成の確認
#13 ルーティングの設定をしよう
  • vim config/routes.rb
  • rake routes
#14 デバッグに使えるコンソールについて
  • rails console
  • rails db
#15 コントローラーのメソッドについて
  • コントローラーに追加すべきメソッド
#16 記事の一覧を表示する (1)
  • indexメソッドの作成
  • app/views/posts/index.html.erbの作成
  • 動作確認
#17 記事の一覧を表示する (2)
  • コードの説明
  • viewで使える記法
#18 リンクを貼ってみよう
  • link_toの記法について
  • 動作確認
#19 HTMLテンプレートを変更しよう
  • HTMLテンプレートの変更
  • CSSの変更
#20 ロゴ画像を表示させてみよう
  • ロゴ画像の挿入
#21 記事一覧画面をrootにしてみよう
  • routes.rbの編集
#22 記事の詳細を表示する (1)
  • 作業の流れを確認
#23 記事の詳細を表示する (2)
  • showメソッドの作成
  • show.html.erbの作成
#24 新しい記事を追加しよう (1)
  • 流れを確認
  • newメソッドの作成
  • new.html.erbの作成
#25 新しい記事を追加しよう (2)
  • フォーム部品の作成
  • 動作確認
#26 新しい記事を追加しよう (3)
  • createメソッドの作成
#27 バリデーションを設定しよう
  • バリデーションの設定
#28 バリデーションエラーを表示しよう
  • バリデーションエラーの表示
#29 フラッシュメッセージを表示する
  • フラッシュメッセージの作成
  • 動作確認
#30 メッセージをjQueryで消す
  • jQueryによるメッセージの消去
#31 記事を更新してみよう (1)
  • editメソッドの作成
  • edit.html.erbの作成
#32 記事を更新してみよう (2)
  • フォームの共通化
  • 動作確認
#33 記事を更新してみよう (3)
  • updateメソッドの作成
  • 動作確認
#34 記事を削除してみよう
  • 削除リンクの作成
  • destroyメソッドの作成
  • 動作確認
#35 削除処理をAjax化しよう (1)
  • destroyメソッドの変更
  • jQueryによるAjax化
#36 削除処理をAjax化しよう (2)
  • 動作確認
#37 Commentモデルを作ろう
  • rails g model Comment commenter:string body:text post:references
  • rake db:migrate
#38 Commentsコントローラーを作ろう
  • rails g controller Comments
  • routes.rbの編集
  • rake routes
#39 コメントを表示させよう
  • show.html.erbの編集
#40 コメントを投稿してみよう (1)
  • show.html.erbの編集
#41 コメントを投稿してみよう (2)
  • createメソッドの作成
#42 バリデーションを設定しよう
  • バリデーションの設定
  • バリデーションエラーの表示
#43 コメントを削除してみよう (1)
  • destroyメソッドの作成
  • jQueryによるAjax化
#44 コメントを削除してみよう (2)
  • 動作確認
#45 コメント件数を表示してみよう
  • コメント件数の表示
#46 Railsを日本語化しよう
  • 日本語化ファイルの取得
  • 設定の変更
  • サーバーの再起動
  • 動作確認
#01 Ruby on Railsとは何か?
1024日前
このレッスンではRuby 1.9.3を使用しているため、ハッシュの記述方法がRuby 1.8系と異なっている箇所があります。詳しくは次のレッスンの補足情報をご参照ください。
http://dotinstall.com/lessons/basic_ruby/4716
1176日前
動画中で紹介されている基礎知識のレッスンは以下のとおりです。

・Rubyの基礎 - ドットインストール
http://dotinstall.com/lessons/basic_ruby
・vimの基礎 - ドットインストール
http://dotinstall.com/lessons/basic_vim
・UNIXコマンドの基礎 (一般ユーザー編) - ドットインストール
http://dotinstall.com/lessons/basic_unix
・SQLiteの基礎 - ドットインストール
http://dotinstall.com/lessons/basic_sqlite
・HTMLの基礎 - ドットインストール
http://dotinstall.com/lessons/basic_html
・CSSの基礎 - ドットインストール
http://dotinstall.com/lessons/basic_css
・JavaScriptの基礎 - ドットインストール
http://dotinstall.com/lessons/basic_javascript
・jQueryの基礎 - ドットインストール
http://dotinstall.com/lessons/basic_jquery
1176日前
Ruby on Railsの公式サイトは以下のとおりです。
http://rubyonrails.org/
#06 Webサーバーを立ち上げよう
996日前
動画中でコメントを外して有効にする際に「コメントイン」と紹介していますが(01:05)、正しくは「アンコメント(uncomment)」でした・・・。間違えないように注意しましょう(ユーザーの方にご指摘いただきました。感謝!)。
1176日前
動画では dev.dotinstall.com にアクセスしていますが、通常は http://127.0.0.1:3000/http://localhost:3000/ でアクセスできます。
#13 ルーティングの設定をしよう
1176日前
レッスンでは「index メソッド」という表現を使っていますが、Rails ではよく posts#index を「posts コントローラーの index アクション」と表現しますので、覚えておきましょう。
#35 削除処理をAjax化しよう (1)
1176日前
jQueryの最新版(1.9以降)ではjQuery の .live() は使えなくなっています。次のように .on() と置き換えて下さい。

$('a[data-method="delete"]').on('ajax:success', function(e, data, status, xhr) {
  $('#post_'+data.post.id).fadeOut("slow");
}

http://api.jquery.com/on/
#41 コメントを投稿してみよう (2)
1176日前
create メソッドの中で @post や @comment に = で代入していますが、ここでおこなっている処理だけであれば特に不要なので、以下のようにも書けます。

def create
  Post.find(params[:post_id]).comments.create(params[:comment])
  redirect_to post_path(Post.find(params[:post_id]))
end

ここでは次のレッスンで利用することになるため、あらかじめ代入をおこなっています。
#46 Railsを日本語化しよう
1072日前
ここで出てくる「i18n」というのは「internationalization(国際化)」の意味で、iとnの間に18文字あるため「i18n」と略されます。技術用語としてよく出てくるので覚えておきましょう。
また似たような用語として「L10n(Localization=地域化の略)」もあるのでこちらも覚えておくといいでしょう(L10nの「L」は小文字にすると1と間違えやすいので大文字にすることが慣例となっています)。
1169日前
日本語化のための設定ですが、34行目に「config.i18n.default_locale = :de」がコメントアウトされているので、そこを「config.i18n.default_locale = :ja」にしてコメントイン(行頭の#を削除)してもかまいません(ユーザーの方よりご指摘いただきました。ありがとうございます)。
1176日前