× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

【旧版】MongoDB入門 (全16回)

最新版のレッスンはこちらから » 【最新版】MongoDB入門 (全15回)

NoSQLの流れを汲む、ドキュメント指向データベースのMongoDBについて学んでいきます。

このレッスンでは MongoDB 2.0.6 を使用しています。

#01 MongoDBとは何か?
2012年8月8日
MongoDBの公式サイトはこちらです。
http://www.mongodb.org/
日本語版はこちらから。
http://www.mongodb.org/display/DOCSJP/Home
2012年6月21日
MongoDBの学習教材として有名なのが"The Little MongoDB Book"(通称「薄い本」)と呼ばれるものですが、日本語訳もされているようです。こちらもあわせて読まれると理解が深まるかと思います。
http://www.cuspy.org/diary/2012-04-17
#08 ドキュメントを抽出してみよう (1)
2012年7月2日
レッスンでは team の値は数値なので、find()の条件も数値で与える必要があります。

// これは取得可能
db.users.find( { team: 0 } );

// 文字列の "0" では取得できない
db.users.find( { team: "0" } );

このようにMongoDBでは数値と文字列が明確に区別されますので、覚えておきましょう。
#16 バックアップと復元について
2012年11月28日
特定のコレクションのみダンプしたい場合には「-c」もしくは「--collection」オプションを指定します。

# blog_app データベースの users コレクションをバックアップする場合
$ mongodump -d blog_app -c users

そのコレクションをリストアするには同様のオプションをつけ、さらに .bson ファイルを指定します。

$ mongorestore -d blog_app -c users dump/blog_app/users.bson

※ 「-d」は「--db」と同じです。