× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

【旧版】ローカル開発環境の構築 (全22回)

最新版のレッスンはこちらから » Mac OS X 向け / Windows 向け

PHPやMySQLを動かすためのサーバーを自分のPC上で構築する方法を学びます。

このレッスンでは CentOS 5 / Virtual Box 4.1.6 / Hoster 1.2 / CyberDuck 4.2 を使用しています。

#01 構築の方針について
2012年1月16日
Windowsでの環境構築については以下のサイトも参考にしてみてください。

・ドットインストールのレッスン内容に沿ったローカル開発環境をWindowsで構築する方法 | moonblack
http://moonblack.net/archives/2571
#02 必要なツールの紹介 (1)
2011年12月21日
CentOSのダウンロードはこちらからどうぞ。
http://www.centos.org/

VirtualBoxのダウンロードはこちらからどうぞ。
https://www.virtualbox.org/
#03 必要なツールの紹介 (2)
2012年1月9日
Hosterなどのソフトが使えなくてもhostsファイルの書き換えは手動でおこなえます。
やり方は「Windows hosts 書き換え」や「Mac hosts 書き換え」などのキーワードで検索してみましょう。
2012年1月7日
Windowsでのターミナルの代替品、いわゆるSSHクライアントでよく利用されているものには他にも「Poderosa」や「PuTTY」といったソフトがあります。

Poderosa
http://ja.poderosa.org/

PuTTY
http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/
2012年1月2日
Windowsでの「ターミナル」の代替品は次のようなツールが便利です。
・TeraTerm
http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/servernt/remote/utf8teraterm.html
2013年9月9日
Hosterのダウンロードはこちらからどうぞ。
http://www.redwinder.com/macapp/hoster/

Cyberduckはこちらからどうぞ。
http://cyberduck.ch/
2013年9月9日
Windows環境では「Hosts Manager」というソフトウェアでもHosterのような切り替えが可能です。
http://sourceforge.jp/magazine/11/09/29/0815217

(ユーザの方から教えていただきました。ありがとうございます。)
2011年12月15日
WindowsでのHosterの代替品は「Hosts File Manager」が便利だと思います。
http://softwarefactory.jp/japan/products/hostsfilemanager/index.html
#04 仮想マシンの作成および設定
2013年3月5日
「NAT」と「ブリッジ」のどちらを選択するかは、お使いのネットワーク環境によって異なります。「NAT」でネットワークに繋がらなかったら「ブリッジ」に、「ブリッジ」で繋がらなかったら「NAT」を試すようにしましょう。
#05 CentOSインストーラーの起動 (1)
2013年3月5日
ネットワークが繋がらない場合は、前回のレッスンにて設定した「NAT」と「ブリッジ」の設定がお使いの環境に合っていない可能性もあるので、そちらも確認してみてください。
2012年6月28日
ネットワーク経由でのインストールができない場合は、あらかじめディスクイメージをすべてダウンロードしてインストールすることも可能です。

レッスンで対象としている CentOS 5.8 の場合は、ダウンロードのページから

* CentOS-5.8-i386-bin-1of7.iso
* CentOS-5.8-i386-bin-2of7.iso
* CentOS-5.8-i386-bin-3of7.iso
* CentOS-5.8-i386-bin-4of7.iso
* CentOS-5.8-i386-bin-5of7.iso
* CentOS-5.8-i386-bin-6of7.iso
* CentOS-5.8-i386-bin-7of7.iso

をPCにダウンロードしておき、最初に CentOS-5.8-i386-bin-1of7.iso をVirtualBoxの仮想CDドライブにセットして、仮想マシンを起動します。

インストールが進んでいくと「ディスクを入れ替えてください」という指示が出ますので、その都度 VirtualBox の下部にあるディスクアイコンをクリックして、対象のディスクイメージファイルに入れ替え、インストールを進めてください。
2012年3月25日
「Sending request for IP information for eth0...」と出て進まないこともあるようです。
これはネットワークの設定や種類によって起こるエラーなので、もし可能でしたら違うネットワーク上などでお試しください(無線から有線にしてみる、家のネットワークではなくて他のWiFiが使える場所に行くなど)。
2013年9月9日
CentOSのインストール中に下記の表示から進まなくなってしまった場合、

NET: Registered protocol family 2

以下のサイトで解決策がまとめられていますのでご参考にしてください。
http://m97087yh.seesaa.net/article/129774237.html

(ユーザの方から教えていただきました。ありがとうございます。)
#09 CentOSの更新
2013年9月9日
パスワードを打ち間違えた場合は、Ctrl+U(Ctrl+uでもOK) で打ち直すことができます。

参考:
http://movion.net/2008/11/20/linux-command-line-options/
「Ctrl-U 行頭からカーソル位置までの文字列を削除」
#13 Webサーバーなどの導入
2012年9月5日
コマンドラインからPHPの設定を確認するには次のコマンドが便利です。
php -i

これを使えば、PHPのphpinfo();の出力結果と同じ情報を得ることができます。
http://php.net/manual/ja/function.phpinfo.php

また特定の設定に関する情報をさっと知りたい場合はgrepを組み合わせて使うと更に良いでしょう(以下はmbstring関連の設定を確認するためのコマンド)。
php -i | grep mbstring
2012年8月23日
PHPをインストールしたら php.ini の設定もしておきましょう。

php.ini の設定については「さくらのVPSの基礎」の「#15 PHPの設定をしよう」で解説していますので参考にしてみてください。
http://dotinstall.com/lessons/basic_sakura_vps/8015
2012年2月7日
補足情報通り、PHP5.3をインストールする場合、php53-pearは提供されていませんでした。PHP5.3上でのpearのインストール手順については以下のレッスンの補足情報をご参照ください。
http://dotinstall.com/lessons/basic_local_development/2222
2012年1月9日
ドットインストールのレッスンではPHPの5.2以上を使うことが多いので、PHPをインストールする際には「yum -y install php53 php53-devel php53-pear php53-mbstring php53-gd php53-mysql」としてversion 5.3をインストールしておくのがおすすめです。
#17 Webサーバー、MySQLの起動
2013年9月9日
「chkconfig httpd on」「chkconfig mysqld on」のコマンドのところで「

bash: chkconfig: command not found

というエラーが出ることがあります。

これは chkconfig までのパスが通っていないことが原因ですので、

whereis chkconfig

でコマンドの場所を確認し、直接「/sbin/chkconfig httpd on」「/sbin/chkconfig mysqld on」のように実行するとよいでしょう。
#19 Cyberduckの設定
2012年10月6日
2:20あたりでCyberduckに入力するパスワードは、#11で作業用ユーザーを作成したときのものになります。
#22 PHP5.3をインストールする
2013年4月26日
PHP5.3をインストール後は、Webサーバーを再起動することで新しいバージョンが有効になります。サーバーごと再起動するか、suしたのちに、次のコマンドでWebサーバーを再起動させましょう。
# service httpd restart
2012年2月7日
ユーザーの方からご指摘いただきましたが、「php53-pear」は提供されていませんでした(yum -y install php53-pearがエラーになる)。

したがって、pearに関しては以下の手順で別途インストールしてください(なお、pearはPHPで使える便利なライブラリ集です。必要になるまでインストールしない、という手もあります)。

1. rootユーザーになる(su -)
2. pearをインストールする(yum -y install php-pear)
3. pearを強制的にバージョンアップする(pear upgrade --force pear)
4. pearがインストールされたか確認する(pear list)

なお、3.のステップで大量にメッセージが出ますが問題ありませんのでそのまま続行してください。