× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

【旧版】CoffeeScript入門 (全13回)

最新版のレッスンはこちらから » 【最新版】CoffeeScript入門 (全15回)

JavaScriptをよりわかりやすく、簡潔に記述するための言語がCoffeeScriptです。その記法、導入方法について解説していきます。

このレッスンでは node.js 0.6.14 / CoffeeScript 1.2.0 を使用しています。

#01 CoffeeScriptとは何か?
2012年4月3日
CoffeeScriptの公式サイトは以下からどうぞ。
http://coffeescript.org/
#05 if文による条件分岐
2012年4月3日
なお、if文を一行で書きたい場合は、thenを使って次のように書きます。
if signal == "red" then alert "stop!"
#13 CoffeeScriptの導入について
2012年10月16日
コンパイルすると分かりますが、基本的にCoffeeScript内で宣言された変数はローカル変数になり、HTMLファイルなどから参照できません。

もしグローバル変数として宣言したいなら、以下のように記述する必要があります。

例(1)
window.x = 1

例(2)
root = exports ? this
root.x = 1

どちらも結果は同じです。

参考: http://stackoverflow.com/questions/4214731/coffeescript-global-variables
2012年4月3日
Node.jsの公式サイトは以下のとおりです。
http://nodejs.org/