× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります
最新版のレッスンはこちらから » 【最新版】JavaScriptで割り勘電卓を作ろう (全7回)

#05 結果をHTMLに表示しよう

さて、 では「x」と「y」、「_x」と「_y」を結果に反映させていきたいと思います。
HTML のここの下辺りに出したいと思います。

不足分が出る場合の割り勘額と、余りが出る場合の割り勘額をまとめて表示します。

  • 結果の表示

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのデモを見られるようになります。

詳しい説明を読む
先生に質問してみよう (試験運用中)