× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

#06 音を鳴らしてみよう

さて、次は「音」のブロックについて見ていきましょう。
スプライトにくっついている音を鳴らすこともできれば、Scratch が用意しているいろいろな楽器を鳴らすこともできるので、少し見ていきます。

「音」のブロックを使って猫の鳴き声を再生したり、楽器を演奏したりしてみます。

  • 音のブロック
  • 音の再生
  • 楽器の再生

このレッスンでは Scratch 2.0 を使用しています。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む
先生に質問してみよう (試験運用中)