× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

#26 例外を扱ってみよう

さて、次は例外処理について見ていきましょう。
これは何らかの処理をしていて予期しない結果が発生したときに、適切に処理していく方法になります。

例外の扱い方について説明していきます。

  • begin ... rescue ... ensure ... end
  • 例外クラスの作成

このレッスンでは Ruby 2.3.1 を使用しています。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

先生に質問してみよう (試験運用中)