× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります
最新版のレッスンはこちらから » 【最新版】JavaScript入門 (全24回)

#06 switchのcaseについて

さて今回は switch 文の中の case をまとめて書くやり方について見ていきたいと思います。
よくある switch 文は switch(x) の中に、caseが0だった場合、何らかの処理を記述して break、case が 1 では何らかの処理を記述して break、case が 2 では何らかの処理を記述して break、それ以外は default と書いた後に何らかの処理を記述して break、と書いていく記法でした。

switch文のcaseはまとめて書くことができることを学びます。

  • switch文の書き方。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのデモを見られるようになります。

詳しい説明を読む
先生に質問してみよう (試験運用中)