× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります
最新版のレッスンはこちらから » 【最新版】JavaScript入門 (全24回)

#06 演算子いろいろ

さて、変数、データ型と見てきたので、次は演算子について見ていきましょう。
演算子というのはデータの計算をする時に使われれる記号だと思ってください。

データを操作するための記号、演算子について見ていきましょう。

  • 代入演算子について。
  • 数値に関する演算子。
  • 文字列に関する演算子。
2013年3月4日
数値をある桁数まで表示させるには toFixed を使います。割り算の結果などを有効桁数まで求めたい場合によく使われます。

例えば小数点以下、2桁までの近似値にしたい場合は以下のようにします。
var x = 10 / 3;
console.log(x.toFixed(2)); // 3.33が表示されます

より詳しくは以下のサイトを御覧ください。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Number/toFixed
2012年8月13日
JavaScriptの "+" は文字列同士に適用すると文字列の連結になり、数値同士に適用すると足し算になります。

そして、一方が文字列で一方が数値の場合には「文字列の連結」になります。

var x = "12";  // 文字列
var y = 6;  // 数値

// z は "126" になる
var z = x + y;

上の例では z は 18 にはなりません。しかし以下のように x に 1 を掛けてから "+" を使うと x が数値になるため、結果は 18 になります。

// z は 18 になる
var z = x * 1 + y;

同様に 0 を引いても結果は同じになります。

// z は 18 になる
var z = x - 0 + y;

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのデモを見られるようになります。

詳しい説明を読む
先生に質問してみよう (試験運用中)