× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

#06 集合項目を使ってみよう

さて、次は集合項目について見ていきたいと思います。
他の言語だと、構造体などと呼ばれるものになります。

形式の違うデータをまとめて扱うことができる集合項目について説明していきます。

  • 集合項目の宣言
  • レベル番号
  • FILLER

このレッスンでは GNU Cobol 1.1.0 を使用しています。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

先生に質問してみよう (試験運用中)