× 無料のユーザー登録をすると学習状況を管理することができるようになります

#09 caseで条件分岐をしてみよう

さて、次は case による条件分岐について見ていきます。
これは変数が取りうる値が予めいくつか決まっていて、それに対する処理をすっきり書きたい場合に使える方法になります。

caseを使って条件分岐をしてみます。

  • case

このレッスンでは Ada / GNATMAKE 4.4.7 を使用しています。

このレッスンの問題を報告する

この動画に関する、よくある質問はまだありません。

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンの素材ファイルをダウンロードできます。

詳しい説明を読む

プレミアム会員(月額980円)になると、全レッスンのソースコードを見られるようになります。

詳しい説明を読む

このレッスンの問題を報告する

先生に質問してみよう (試験運用中)